Entries

スレイヤーズ

ふと、書店でスレイヤーズの新刊(アンソロジー)をみたので買ってしまった。

あまり読むのは得意ではないほうだが、

内容は痛快で楽しめた。


スレイヤーズに出会ったのはもう20年近く前になる。

大いなる邪悪な宇宙意思に毒される前の思い出なので、

何もかもがなつかしい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する